社会保険労務士は狭き門?

A.確かに簡単ではないけれど、可能性はゼロではない!

社会保険労務士になるためには当然、資格試験を受け、合格する必要があります。そこにいたって、ようやく「社会保険労務士になるスタート地点」になったということ。それから登録をして、ようやく社会保険労務士になるのですがこの話はまた別の機会に。
なにはともあれ、まずは社会保険労務士の資格試験を受けなくてはいけないのですが、まず試験を受けるための条件があります。

◆学歴
・大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者
・大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者
・修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
・全国社会保険労務士会連合会において、個別の受験資格審査により、学校教育法に定める短期大学を卒業した者と同等以上の学力が認められる者 等

◆ 実務経験
・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
・国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
・社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者
・労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者又は会社その他の法人の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者 等

◆その他の国家試験
・社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
・司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
・行政書士となる資格を有する者

上記3つの「学歴」、「実務経験」、「その他の国家資格」の中から、いずれかの条件を満たして、ようやく社会保険労務士の資格試験を受験することができるのです。
もし、上記の中のどれにも該当しないという場合は、一番下にある「行政書士」の資格を取得してから、社会保険労務士の資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。