社会保険労務士の仕事って具体的には?

A.各種書類の作成と提出代行、帳簿作成、コンサルティングが主な内容です。

社会保険労務士の具体的な仕事は、主に3つに分けられています。
それぞれ、社会保険労務士法第2条の第○号に記載されていて、その番号で呼ばれているのですが、内容は下記の通り。

◆1号業務
・労働社会保険諸法令に基づく書類の作成、提出代行
(例:健康保険、雇用保険、労災保険等への加入、脱退、給付手続き/助成金等)
◆2号業務
・労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
(例:労働者名簿・賃金台帳の作成/就業規則、各種労使協会の作成等)
◆3号業務
・人事や労務に関するコンサルティング
(例:人事配置、資金調整、企業内教育などのコンサルティング等)

上記3つの中で、1号業務と2号業務は、社会保険労務士にのみ許された独占業務になっています。
3号業務に関しては、社会保険労務士の資格を持っていない人でも行うことができますが、ほとんどの会社はプロである社会保険労務士に依頼するのは、人情として当然のことかもしれません。

例えば、会社で新しく従業員を雇った場合、「雇用保険資格取得届を公共職業安定所に提出」「健康保険・厚生年金保険資格取得届を社会保険事務所に提出」を行います。逆に、退職者が出た場合、「雇用保険資格喪失届を公共職業安定所に提出」「健康保険・厚生年金保険資格喪失届を社会保険事務所に提出」という業務が発生します。
この時に必要になる「××届」の提出は1号業務、さらに提出時に必要になる賃金台帳や出勤簿の取り扱いについては2号業務となり、社会保険労務士の資格を持っている人のみが出来る業務となります。

それぞれ上には代表的な例をあげましたが、他には下記のような仕事もあります。
成果主義・年俸制度の導入、見直し/雇用契約書の作成、見直し/懲戒・解雇等の問題社員への対応/定年制度、再雇用制度の見直し/育児・介護休業制度の取り扱い/セクハラ規定の見直し/時間外労働の見直し……社内で起きるほぼありとあらゆる問題を解決するのが社会保険労務士の役割になります。