社会保険労務士として開業したいですがどうしたらいいですか?

A.開業の仕方に正解はないです。まず開業した方の声を聴いてみましょう。

前ページでお話しした通り、社会保険労務士として開業したいと考えている方であれば、まずはやってみることが重要だと感じます。


不安や心配事ばかりにとらわれていては、いつまで経っても何も新しいことに挑戦できません。


とりあえずは社会保険労務士試験に合格できた時点で素質はあるのですから、自信をもってその先に進んでみれば良いと思います。


とはいえ、
「社会保険労務士で開業したとして、皆どのように仕事をしているんだろう」
「私の様に何の経験もない人間でも、社会保険労務士として開業できるのかな」

といった疑問は簡単に拭い去れるものではありません。


社会保険労務士の開業後のことは実務家に学ぶのが一番、というわけで、実務家インタビューを参考にされるのが得策です。



【開業・実務経験者のインタビューを聴いてみよう】

『社会保険労務士 実務家密着取材』インタビュー詳細はコチラを参照


上記は通信教育フォーサイトの公式ホームページ内で紹介されている、社会保険労務士の生の声です。


資格取得後どのような思いで開業に至ったか、どのような分野を専門にしているか、一日の働き方など、社会保険労務士として開業した後の話がたっぷりと掲載されています。


それぞれの方にそれぞれのストーリーがあるため、できればすべてに目を通すのが良いと思いますが、性別や年齢層を問わず様々なケースが紹介されているので、ご自身に似た立場の方をピックアップして見てみるのもお勧めです。


このインタビューを見て、意外だったのは「まったく畑違いの業界から社会保険労務士の世界に飛び込んだ方が多い」ということです。




実務経験ゼロだって何とかなる、そんな風に背中を押されるようで、とても心強いですね!そして、何度かの不合格の末ようやく合格を掴みとった方も多く、現状苦戦している受験生の方も励みになったのではないでしょうか。