よその社会保険労務士の元で修行したら? 年収や仕事はどうなる?

A. 仕事を覚える機会をもらえて確かにお得。ただし年収面ではしばらくの間耐え忍ぶことになりそう。

社会保険労務士の働き方は、二分するなら「独立・開業する」および「企業等に入社して社員になる」ですね。

しかし三分できるという見方もありますね。上記のふたつの働き方のほかに「社会保険労務私法人のような(少し大型の)先輩の事務所に雇ってもらって働く」というコースです。

社会保険労務士の事務所が法人格を持つことが認められるようになってそこそこの年数がたちました。法人になると納税上の優遇措置等がありますから、あちこちで社会保険労務私法人が誕生したことは確かです。

(……とはいえ法人はまだ全体的に多いとはいえなさそうですし、法人でなくても、他人を雇えるような規模に達した事務所が少ないという現実がありますが)

ともあれ、チャンスがあればまずは他人の事務所に入れてもらうという働き方もアリでしょう。独立・開業を将来の目標としている合格者にしたって、いきなり開業したいとは思わない人はやはりたくさんいるはず。雇ってもらえるなら実務をじかに学べてとてもいい経験となることは想像するに及びません。

しかし、肝心の年収・収入の点ではどんな現実が待ち受けているでしょう? 社会保険労務士事務所や法人に雇われている新人たちの平均年収は、残念ながらとても安い様子です。
年収にして、200万円台から300万円台であっても驚くには及ばない模様です。

もっとも、社会保険労務士でなくても他の士業でも、大先輩の事務所に雇ってもらうと「毎月20数万円くらいしか給料をもらっていない」なんてパターンはよくあるという話です。社会保険労務士もその例外ではないのでしょう。

考えてみたら、経験がないのに雇ってもらえて、なおかつ仕事を学ぶ場を与えてもらうわけです。それにいずれは独立していくのですから、薄給であっても文句を言える柄ではないということでしょうね。

最後に書いておきますが、中には例外的に高い給料・年収を保証してくれる事務所・法人はゼロではないようです。ただし本当に少ないですし、当然のことながら要求される仕事の量や質は高くなるはずです。

また、「経験を積んだら好待遇を検討してくれるものの、経験が乏しい間はしばらく安月給」「その代わり、すぐに辞めたり独立したりしないことが前提」といったところも一部にあるといううわさですね。
それでもいいと思うなら、そういうところを探し出して連絡してみるのもいいかもしれません。