社会保険労務士試験対策の心得とは?

A.太くも細くも、「続けること」

社会保険労務士試験合格を目指す上で、最も大切な基本姿勢は「とにもかくにも続けること」です。
どんなに完璧な教材が手元にあっても、それをこなしていくことが出来なければ何の意味もありません。また、パーフェクトな学習計画を以てしても、やはり実践できなければそれは単なる空論に過ぎません。
一方で、少々難アリのテキストを選んでしまったとしても、また、完璧とは言えないスケジューリングだったとしても、自分自身で必要なことを補足しながら時間をかけてでも勉強を続けていくことが出来れば、その努力はいずれ合格へとつながっていきます。
「続けていけるかどうか」、この点がとても大切なのです。

ところで、資格学習を継続させるために必要なのは、なによりも「勉強を楽しめる教材」です。
前ページにて、社会保険労務士試験対策講座選びの際には「自分の直感を大切に」とお伝えしましたが、まさにこの「楽しめるか否か」を判断する上では非常に重要となる視点なのです。
受験生であれば、「楽しそうなのはコチラだけど、合格を目指すならやはりそれなりのものを」と、ついつい小難しい印象の教材を選んでしまいがちですが、こうした選び方はNG。挫折につながるであろうことは、容易に想像できます。

社会保険労務士試験に限らず、どんな国家資格対策であっても、「学びを楽しめるかどうか」が最重要。もっとも、時間的な問題やその資格へのモチベーションの変化など、時々の状況に応じて受験を諦めざるを得ないケースもあると思います。
しかしながら、大半の受験生が資格受験を断念する要因として挙げられるのが、「勉強が辛く感じられるようになった」ことにあるようです。楽しめないから自然に勉強から離れてしまう、続けられない理由というのはいたって単純なのです。

資格対策は「続けること」に意味があり、そのためには「続けられる教材」を選ぶこと。シンプルですが、忘れてはいけない考え方です。
これから受験勉強をスタートされる方はもちろん、すでに勉強の面白みを見出すことが出来なくなっている方も、楽しんで続けられそうな教材に目を向けられてはいかがでしょうか?