社会保険労務士には独学でなれる?

A.独学でも社会保険労務士の資格試験には合格できます。

使用するテキスト選びと、勉強時間がしっかりと取れるようなら、社会保険労務士の資格試験に独学だけで合格することは可能です。
ただし、社会保険労務士に限りませんが、独学というのは実に孤独な作業で、向き不向きがあります。コツコツ努力を重ねるタイプの人でも、一年の独学で社会保険労務士に合格した人は少なく、一年目は助走運動的に勉強をし、一度受験の雰囲気を掴み、二年目に本格的に勉強をし試験に挑む……というのが、独学で社会保険労務士を目指す時に、もっとも確実なやり方ではないでしょうか。

資格試験には合格するためのコツやポイントが必ずあります。
できれば一年の勉強で合格したいというのなら、そうしたコツを講師や合格した先輩たちから直に学ぶことのできる通学や通信講座を利用するのは、ある意味、賢い勉強のやり方かもしれません。
通学と通信講座はそれぞれメリット、デメリットがあります。
通学はやはり直接的に講師に質問などができますし、共に試験を目指す心強いライバルができます。その代わり、授業料はやや割高ですし、通学する時間の調整が難しい場合も。講師との相性も大きな問題のひとつです。
通信講座は自分で勉強時間がスケジューリングできるのが最大の魅力です。最近では、CDやDVDを導入し、まるで通学しているかのように学べる通信講座も登場しています。また、価格的に通学よりかなりリーズナブルなのも見逃せないポイントです。一番のデメリットは、メリットのひとつでもあるスケジューリングで、ここでさぼって脱落してしまう危険性も。……もっとも、これに関しては通学でも「途中で行くのをやめた」という人も必ず出てくるので、どっちもどっちとうところかもしれません。

独学、通学、通信講座、いずれにしても、一度は体験教室やテキストのサンプルなどを入手し「自分はこれを続けられるか」をよく吟味した上でスタートすることをおすすめします。