社会保険労務士の年収で生活できるの?

A.社会保険労務士になれば食いっぱぐれは少なくなる。

会社に勤めている勤務社労士は、毎月のサラリーの中に業務の報酬が含まれています。そのため、その会社に準じた年収が約束されているはずですので、生活する上で特に大きな問題はありません。

では、開業社労士についてはどうでしょうか。
こちらは主に3つのパターンの報酬があり、それぞれを足して年収となります。

まず、ひとつが社会保険労務士と会社が月々定額で仕事を請け負う「顧問契約」です。この単語自体を耳にしたことも多いのではないでしょうか。社会保険労務士としては、もっとも力を入れたい契約方法になります。
月々の金額を決め、その中で契約会社内の業務を行ってゆきます。社員の労働社会保険の手続きや更新、給与の計算、助成金の申請など、月によって仕事の量に多い・少ないはありますが、これらを「月○万円」という固定料金で請負います。
社会保険労務士のスキルや契約内容、会社の規模などによって金額は変わってきますが、大体2万~15万くらい。会社にとっては、月々定額でいいというメリットがあり、社会保険労務士にとっては毎月決まった収入になるというメリットがあります。
通常、これらの顧問契約先を何社か結ぶことで、社会保険労務士の生活は安定してきます。

ふたつめは、上記のように必ず毎年発生すると決まっていない業務に対して、一件ごとに依頼を受けるパターンです。
例えば、会社を立ち上げたり、就業規則を立ち上げたり、といったケースは数年に一度しか発生しません。ですので、会社にとって必要な時にだけ、社会保険労務士が手助け尾wするのです。
報酬の目安は、各種諸届で1万~3万円、各種許可申請3万~5万円、就業規則の作成10万~50万円といったところが相場でしょうか。
これらの仕事は、顧問契約先や知人等から紹介で請け負ったり、顧問契約と別途という形で請け負う形が多いようです。

みっつめは、相談報酬といわれるものです。相談報酬は1時間3,000~1万円が相場で、他にもセミナーの講演などで1万~5万程度の報酬をもらうこともあるようです。

上記の3つのパターンは目安の金額を述べましたが、社会保険労務士の報酬は、社会保険労務士本人が自由に決定していいので、自身のスキルに合わせて報酬をアップさせることは不可能ではありません。